« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月26日

感動について

  感動とは人間の中にではなく、人と人の間にあるものだ。

             ― ウィルヘルム・フルトヴェングラー ―
                      (ドイツ指揮者)


これは、アシスタントがときどき僕に送ってくれる\n世界の名言のひとつです。

私は、フルトベングラーが大好きです。
そして、とてもすばらしい彼の視点に感動したので、
この名言をみなさんにご紹介します。
  
感動は、人間の中ではなくて、人と人の間にあるんですね。

2006年01月19日

身体とコミュニケートする

人間の脳や身体は、この数千年ですごく進歩したように思われていますが、
私たちを取り巻く環境が変化したほど変わっていません。
頭と身体は、いまだに荒野を駆け回っているときと同じ状態にあります。

ストレス反応は、その顕著な例です。
こうなると、自分の身体や頭に向かって言葉でコミュニケートしようとしても、
簡単に伝わるものではありません。
何しろ、身体と脳は大昔に住んでいて、
言葉は最近なんとか通じつつあるものですから、
ゴリラに向かって話しかけているようなものなのです。

どうやって自分とコミュニケーションを交わせるようになるか。
これがちょっとした課題なわけです。

ちょっと前は、野口体操の野口さんとか、田中泯さん、彼らは身体の動きを通して、
ある人は音を通して、ある人は絵を通して、ある人は文章を通して、、、。

それで、最近わかったのですが、
「心拍数」を上げることで、自分の身体と脳に信号を送れるのです。
脳や身体は、動かないでいると、どうも「衰退モード」にスイッチが入る。
自分から動き出すと「元気モード」にスイッチが入る。

心拍数を上げることで、自分は荒野をかけ回っている。
または、まだ獲物を取りに行かないと行けない。
俺は「ゴリラだー!」とか思うんでしょうかね。
 
そういえば、つい先日亡くなった三浦敬三さんも、毎朝走っていたそうです。
彼は、「いい運動は、終わった後にすがすがしい」とおっしゃていました。
彼も走りながら「ゴリラだー!」なんて、思っていたんでしょうかね。
 
100歳を超えても走るのであれば、50代の私が走らない理由はない。
もちろん怪我には注意しながら、私は走る。スキーもやる。
この半年で40代の体力に戻す。そして、後半で30代だ。
 
s-P1000836.jpg

とりあえず千鳥が淵を歩く!

s-P1000837.jpg

PC:
手のモデルさんを「手タレ」というのだそうです。
足の場合は「足タレ」。
いるかどうかは知りませんが、鼻のモデルさんは、
やっぱり、ハナタレなんでしょうか?
バカタレはいますよね、いっぱい。

2006年01月16日

千鳥が淵を走る

週に6日は(220−年齢)×0.7〜0.8の
心拍数を上げることを仕事のようにしている。
そのためには、最初に10分程度のウォーキング、それから走り出す。
だいたい10分から15分は走る。
それから10分くらいのウォーキング。

これで合計30〜40分のエクササイズ。

プラス、ストレッチを毎日15分ぐらい。
それと、トランポリン。
トランポリンは、リンパの流れをよくするために。
それから、逆立ち。これは、内臓の位置を元に戻すために。
 
日曜日には、ついに、皇居一周に挑戦したのですが、
途中からの雨で、仕方なく断念しました。
近日走りたいと思います。

思い返せば、この10年ぐらい、走ったことなどありません。
走っているのか、早足なのかわかりませんが、
走って、私は自分の身体と脳にコミュニケートしている。
 
人間の頭の大部分と身体のほとんどは、
何万年も前と変わらない状態のままです。
確かに、人間を取り巻く環境は変わりましたが、
人間そのものは、ほとんど進化していません。

ストレス反応がいい例で、人間が荒野で狩をしている頃の反応です。
獣に襲われそうになったときに、交感神経が優位になり、
心拍数を上げ、ストレスホルモンを分泌し、
手に汗をかきます(ものを握りやすくするために)。

それから、血液をドロドロにします
(獣にかまれたときに、血が凝固しやすいように)。

それに、指先の毛細血管を収縮させて、
血液を脳や心臓、大きな筋肉に送り込みます。
そのために指先の温度は、6〜7度下がります。
 
問題は、獣に出会うことなどほとんどなくなった現代でも、
同じような反応を繰り返し、その副作用に悩まされているという点です。
締め切り、ちょっとした人間関係のもつれ、急いでいるときに靴ひもが切れる。

そのたびに、獣に襲われたときと同じ反応を繰り返していたら、
その疑似体験だけで、充分疲労困憊してしまうことになります。
 
人間の頭の大部分、そして身体のほとんどは、何万年も前のままなのです

だから、そこにコミュニケートしようとすれば、言葉は機能しません。
そこで、心拍数を上げるというコミュニケーション手段を\n思いついた人がいるわけです。
 
つづきは明日にします。

2006年01月03日

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

年末は、30日、31日とスキーに出かけ、
あまりに楽しいので、元日にも出かけました。
3日とも快晴で、遠く、月山や朝日連峰まで見えました。

s-zao1.jpg

s-zao2.jpg

s-zao3.jpg

s-zao4.jpg

前の日に積もった新雪の上を滑るのは本当に気分がいい。

一日は、コーチをつけました。
私が10代、20代の頃とはずいぶん道具も進歩して、
それにつれて教え方も変わりました。
何かとイメージの話が出てきたりする。
 
「重力を感じて、そして、その重力を使って、他にはいろいろやらなくていいんです」
「その重力を使って、行きたいところを向けばいいんです」

ときどき、的を射たアクノレッジメントもあって

「よくスキーがコントロールされていますね」
「一度覚えた技術は忘れないといいますけど、本当ですね」

クー。
 
それで、いろいろ気づくことがありました。

斜面を降りるときは、徐々に加速される訳ですから、
減速するためにときどきエッジを立てていました。
しかし、重力を使うという視点に立つと、
スピードを落とすために何かをするのではなく、
行きたいところ、つまり、スキーを山側に向けるだけでいいわけです。

谷川に向ければ加速する。山側に向ければ減速する。

もちろん、加速、減速と考えるのではなく、
行きたい所へ自分の重心を向ける。
そうすると、どんな斜面でも、同じスピードで滑れるわけです。

未だときどき減速しようとしてしまいますが、
それ以外のときの自由な感じは、
これまでスキーをやっていて、あまり経験したことのないものです。

自分が重力とともに落下するように、前傾になってゆく。
それはなんとも言えない気分、、、。
 
息子も上手になって、一緒に滑るのはまた楽しい。
奥さんも、もちりんです。
 
東京に帰ったら、スキー靴のいいやつを探しに行こうっと。

s-zao8.jpg

s-zao5.jpg

s-zao6.jpg

s-zao7.jpg

go Pagetop