« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月31日

ベンジャミン・ザンダー

ケベックで開かれたICFカンファレンスの最終日に
彼の講演を聴き、ぜひ日本でも講演をと思い、
1年前から交渉を始め、
昨日、日本での初めての彼の講演会を開くことができました。

P1010371.jpg


彼の講演は、3時間半にもおよびました。
彼は自らピアノを弾き、
カルテットをその場でコーチし、
その場で音を変えていく。
また、参加した1300人全員に、歌を歌わせる。

そのときに、彼はコーチします。

今どんな表情で歌っているのか?
からだはどうなっているのか?
どんな気もちなんだ?


096.jpg


コーチングをしながら、
彼は私たちの「可能性を開く」ことを試みます。

そして、彼は、たくさんのエピソードとともに
次のような内容を語りました。

・ ポジティブ・シンキングとポシビリティは違う
・ トランスフォメーションとモチベーションは違う
・ コーチは相手に変容を起こす一文を伝える
・ 偶然に出会った人ほど、関わりの可能性がある\n・ 可能性を見つけ出すと健康になる
・ 指揮者は、一歩先の可能性を指揮する
・ エネルギーはどこから来るのか?
・ 可能性は空気中に存在する。
  そのコンセントをいかに見つけるか

彼は言います。
世の中全部つくりものなんだから、
もっとましなものをつくった方がいい。

人と人とのあいだに「可能性」を見つける。
いかにダウンスパイラルな思考から 
可能性の思考にシフトするか、、、。


079.jpg


土曜日、彼の乗る予定だった飛行機が遅れて、
彼は結局24時間かけて日本にやってきました。
翌日の午後1時から3時間半講演し、
その後レセプションに出て、
そのあとの食事でも、彼はずっと喋り続けました。

そして、今日の午前中はミーティングの予定です。
予定では10時開始でしたが、
それを早めて、もっと話そうということになりました。

その間、彼は疲れた表情も見せないし、
もちろん「疲れた」とも言いませんでした。

そのバイタリティーはどこから来るのか?

この疑問には、今日答えると、言っていました。
それから、なぜクラッシクでなければならないのか?
という問いにも、今日、答えてくれるそうです。

楽しみですね、、、。

2006年07月28日

坪田先生

今週の水曜日は、坪田先生に来ていただいて、
「アンチエイジング」について
お話していただきました。


s-P1030390.jpg


坪田先生とは25年来の友達なのですが、
彼はいつも新しい領域にチャレンジしています。
そのため、それなりに逆風も吹くのですが、
それでくさったり、誰かのせいにしたりしない人です。

ドライアイを日本に紹介したのも彼です。
また、レーシックもそうです。
おそらく「アンチエイジング」も、
彼が日本に広めたと思います。
アンチエイジングについては、
いろいろな解釈があります。

しかし、彼のアンチエイジング理論は、
私たちに可能性を感じさせます。

彼は言います。

「老化には介入できる余地がある。できることがある。」

寄る年波、
年だから、
年相応

これらの既成概念を超えて、

「老化に対してやれることがある」

と言います。

s-P1030403.jpg


講演の中では、実際に彼自身がやっていることを、
いくつも紹介してくれます。

たとえばサプリメント。
彼は、朝昼晩と大量にとっています。

普通に食事からとればいいのではないか? という質問に対して、

「食事からは、生きていくのに
最低レベルのビタミンやミネラルをとることはできるでしょう。
しかし、老化を遅らせ、今日をごきげんに生きるためには、
それ以上のものをとる必要があると僕は思います。
たとえばビタミンCも、僕は2000ミリ以上
毎日とっています」

また、講演の中で、自分が
「キレーション療法」を受けているビデオも流します。

(※キレーション療法:
  EDTAを点滴で入れる。動脈硬化の予防や、
  重金属の解毒に効果がある。)

そのほかに、彼は、
定期的に水銀を外に出すために、
DMSA(薬品)を飲んでいます。
水銀や鉛、アルミニウムなどが
体内に残っている量をチェックしながら
体外に排出していきます。

もちろん、水は一日に2リットル。
運動にも力が入っています。

それから、考え方や生き方。
そして、人とのかかわり方、、、。

こうして見ると、アンチエイジングも\n単なる情報と技術だけの問題ではなく、
誰がそれをやるかということが大事なのかもしれません。

s-P1030392.jpg

2006年07月20日

古田貴之先生

今週は、古田貴之先生に講演していただきました。

古田先生はロボット博士で、
現在は未来ロボット技術開発センターの所長でもあります。

もちろん、ロボット開発のお話はとても興味深いのですが、
古田先生は、他の研究者とはやはり違う何かを感じさせてくれる方です。
それは、これまで講演していただいた、
すべての先生方に共通している部分だと思います。
 
毎回、講演の最後に質問の時間を設けています。
今回、一人の女性スタッフが質問をしました。

「ロボットを作って、先生は何を目指しているのですか?」


s_P1030142.JPG


古田先生は、即答しました。

「福祉・介護です」

私はまず、その答えに驚きました。

先生は続けて、

「私は、介護ロボットを作りたい訳ではないんです。」

と言いました。

ここからは私の要約ですが、

先生が作りたいのは、たとえば手が不自由であった場合、
食事をするのに、スプーンを\n口まで運んであげるようなロボットではない。
人は自分で動きたい、そして社会に参加したい。
だから、それをサポートする。
つまり、自分の手で、自分の口まで
運んでいけるようにサポートする。

モビール・スーツ、パワー・スーツのようなものを開発して、
直接、自分の手で自分の口に運ぶことのできるようなもの。
同じように、歩くことをサポートするようなもの。
 
身長190cmのロボット博士の求めるものは、
人の自律性を回復させること、
それから、人と人との関わりに価値を置くことでした。

ロボットをつくって、世の中の役に立つものをつくりたい
というミッションを終始話されました。
 
私たちは、ロボットの話を聞きながら、
これまでになく、人を身近に感じたのでした。

2006年07月12日

場について

昨日は、清水博先生のお話を伺いました。


sP1010202.jpg


およそ10年前にお会いしてお話を伺ったときとは、
また違った感動がありました。
私は本当に久しぶりに、
知的興奮と、知的感動を覚えました。

池谷先生の講演でも出てきましたが、
無意識の先行(自由意志に0.5秒ほど先行しておこる無意識)の話。
つまり、指を動かそうと思う前に、
指は0.5秒前に、無意識に動き出している、という話。

それから、居場所について。
二重生命(細胞として生きていて、
なおかつ、身体全体として生きているということ)で、
生きているということは、自分を表現するということだ。
そして、表現するキャンバスとしての「場」がある。


sP1010205.jpg


とても全部を紹介できませんが、
コミュニケーションは、単に言葉と言葉、
意志と意志の交差ではなく、
実は、身体と身体、無意識と無意識の
コミュニケーションがそこにある。

そういうことは感覚的に理解していたつもりですが
論理的にそれが証明される過程は、やはり、圧巻です。

コーチングで言うなら、
単にコーチとクライアントの関係だけで
コミュニケーションが成り立つわけではなく、
各々は「場」の影響を受けているわけです。

その場そのものに働きかけない限り、
クライアントのパフォーマンスは変わらないのだろうと思います。

2006年07月11日

ごきげんでいること

「ごきげんの法則」とか、「今日をごきげんで暮らす方法」とか、
ごきげんに関する本をいくつか書きました。

私は、社会に対する貢献とは、
できるだけ機嫌よくいることだと思っています。
不機嫌をやって、人に気をつかわせ、コントロールするのは、
あまりよい方法だとは思いません。

自分でもやったことはありますが、自信を失いました。

不機嫌やって、人を脅かすのは、
自分がどこか脅えているからなのだと思います。

そりゃ、怒ることもあるし、腹に据えかねることもある。
そのときは、その感情が通り過ぎるのを待たなければなりません。

または、害のない程度に発散させる。
間違っても、人に向けてはいけないと思います。

どんなに自分が正しいと思っても、人に向けるのは間違っている。

生きることは、自分の正しさを証明することが
目的ではありません。
そりゃ、自分の思ったようではないことに
いらつくこともあるでしょう。
それでも、それについて対話するのだと思います。

どれだけ時間がかかっても、
相手を理解するために時間をつかうのだと思います。
もちろん、自分を理解するためにも。

そういう時間をもつと、
他の人との関わりにも違いが生じるのを感じます。
自分に自信がもどってくるのを感じます。

それは、本当に晴れやかな気もちです。

------------

感動とは人間の中にではなく、人と人の間にあるものだ。

             ― ウィルヘルム・フルトヴェングラー ―
                   (ドイツ指揮者)

go Pagetop