« 2008年07月 | メイン | 2008年12月 »

2008年08月26日

本を読み返して

そもそも、自分の書いた本をあまり読み返すことはありません。
一度読み返してみようと思い、最近の3冊からお気に入りの
台詞を紹介します。


  「コミュニケーションの能力を持っている人は、
  教育、仕事、家庭において
  自分の意図する人生をおくれる可能性は高くなります。
  反対にその能力の乏しい場合、意図した人生を送るのは
  難しくなるでしょう。」

           『格差社会スパイラル』より


  部下が失敗したとき
  「深く反省させてはいけません。
  部下に反省させなくていいんです。
  逆に反省に逃げ込ませてはいけません。
  反省よりも、その解決策をすみやかに出すように促す。
  なるべく早く次の行動にうつるようにもっていくのです。」 

           『会話から始めるコーチング』より


  「私たちは関わりの中に生きています」
  「そのことを実感として感じられ、それを伝えることができて、
  そしてそれを統合できるレベルを
  『関わりを創りだす知能』のレベルだと考えています。

           『格差社会スパイラル』より

  −人間を賢くするのは経験ではない、期待だ。
                        未来に対する期待だ−
                       バーナード・ショウ

 
  「そもそも人は変化したがらないものなのです。」
  「なぜなら、新しい行動や変化を嫌うのは、理性ではなく、
  感情だからです。
  頭でわかっても、身体がついてきません。」

           『3分間コーチ』より

go Pagetop