« 通じる言葉 | メイン | 千鳥が淵を走る »

2006年01月03日

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

年末は、30日、31日とスキーに出かけ、
あまりに楽しいので、元日にも出かけました。
3日とも快晴で、遠く、月山や朝日連峰まで見えました。

s-zao1.jpg

s-zao2.jpg

s-zao3.jpg

s-zao4.jpg

前の日に積もった新雪の上を滑るのは本当に気分がいい。

一日は、コーチをつけました。
私が10代、20代の頃とはずいぶん道具も進歩して、
それにつれて教え方も変わりました。
何かとイメージの話が出てきたりする。
 
「重力を感じて、そして、その重力を使って、他にはいろいろやらなくていいんです」
「その重力を使って、行きたいところを向けばいいんです」

ときどき、的を射たアクノレッジメントもあって

「よくスキーがコントロールされていますね」
「一度覚えた技術は忘れないといいますけど、本当ですね」

クー。
 
それで、いろいろ気づくことがありました。

斜面を降りるときは、徐々に加速される訳ですから、
減速するためにときどきエッジを立てていました。
しかし、重力を使うという視点に立つと、
スピードを落とすために何かをするのではなく、
行きたいところ、つまり、スキーを山側に向けるだけでいいわけです。

谷川に向ければ加速する。山側に向ければ減速する。

もちろん、加速、減速と考えるのではなく、
行きたい所へ自分の重心を向ける。
そうすると、どんな斜面でも、同じスピードで滑れるわけです。

未だときどき減速しようとしてしまいますが、
それ以外のときの自由な感じは、
これまでスキーをやっていて、あまり経験したことのないものです。

自分が重力とともに落下するように、前傾になってゆく。
それはなんとも言えない気分、、、。
 
息子も上手になって、一緒に滑るのはまた楽しい。
奥さんも、もちりんです。
 
東京に帰ったら、スキー靴のいいやつを探しに行こうっと。

s-zao8.jpg

s-zao5.jpg

s-zao6.jpg

s-zao7.jpg

Posted by itohco at 18:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://210.189.83.200/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/204