« 通じる言葉 | メイン | あけましておめでとうございます »

2005年12月13日

通じる言葉

遺伝子は、人間の身体というビークル(乗り物)を乗り換えながら、
時間を旅しています。
遺伝子の目的は、遺伝子を生き残らせることにあります。
そのようにプログラムされているのです。
遺伝子にとって、身体を必要としている間は、
身体を生き残らせることに最大の努力を払いますが、
次の身体が用意されれば、
遺伝子の身体に対するケアは著しく低下します。

「私」という意識は、当然、遺伝子と身体では、身体の側にいます。
したがって、遺伝子が、生存確率を上げるためのコミットメントを落としたときでも、
意志を働かせて、身体の機能を低下させないように
働きかけなければなりません。

「遺伝子は、おまえを用無しだと思っているけど、そんなことはない。
おまえは、まだまだ必要とされている」

私は、遺伝子にプログラムされた人生にこれからもチャレンジして、

人生は、遺伝子にプログラムされた通りのものではない、
人間は自分の意志で、プログラムを変えて行くことができるんだ、

と身体に伝えたい。

身体とは、脳も全部含んでいます。

病気になることや、老化は、避けられないものではない。
偶然ではない。
どんな人生にするかは、自分の手に委ねられている。
 
これは私が、アンチ・エイジング、
もっと正確には、老化を遅らせるプロジェクトにコミットしている理由です。

まずは、自分とのコミュニケーションを実現させる。

メディテーション、それも、自分とのコミュニケーションの状態、
場(プラットフォーム)を指すものだと考えています。

生きているということは、
そこでコミュニケーションが交わされているということであり、
人は関わりの中に生きているわけですから、
どういうレベルで関わりを創りだすかは、
課題として、いつだって目の前にあるわけです。

Posted by itohco at 09:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://210.189.83.200/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/203