« おすそわけ | メイン | プラットフォームは「場」 »

2006年02月16日

コミュニケーションのプラットフォームを創る

ブログのデザインが新しくなりました。
この飛行機の絵は、村田伊吹ちゃんが描いてくれました。
リクエストどおりです。うれしい。

エスター・ダイソンという人がいます。
彼女は、PCフォーラムというIT企業の経営者向けのフォーラムを、
毎年3月頃、フェニックスで開催しています。

PCのもともとの意味は、Personal Computer PCでしたが、
途中からPCの意味するものは、
Platform for Communication になりました。

確かに、そのフォーラムは、
誰かの講演を聞いて勉強するという従来の形式ではなく、
そこに参加している人たちが、
期間中に、お互いに連絡を取り合う。
そして、アポイントをとりに情報を交換したり、
アライアンスを組んだりする。

講演も多少あり、私が行ったときの講演は、
ウーピー・ゴールドバーグ。

でも、講演よりは、そこに来ている若い経営者と話すことで、
視点が変わったり、自分がモチベートされるのを感じました。

そして、「コミュニケーションのプラットフォーム」という言葉に
魅せられました。

コミュニケーションそのものは、なかなかわかりにくいものです。
しかし、新しいコミュニケーションのプラットフォームは、
今とはまた別の視点を与えてくれるのではないかと思うのです。

たとえば、家族にとって家庭は、
ひとつのコミュニケーションのプラットフォームですが、
もし、別のプラットフォームがあれば、
また違った考え方や視点をもてるのではないかと。

高校生の頃、骨折して外に遊びにも行けず、
そうかと言って、ずっと親のそばにいるのも息苦しい。
そんなときに、祖父母の部屋をのぞいたら妙に歓迎されて、
それからは、毎日そこに入り浸って、
祖父と将棋をしたり、お菓子を食べたりしました。

退屈しのぎに立ち寄ったプラットフォームなのですが、
それは、家族との関係を見直すのになかなかいい機会だったと
今にして思います。

それから、「コミュニケーション」、それそのものをテーマに
コミュニケーションを交わすことも、
新しいプラットフォームだと思います。

単に場所だけではなく、
テーマの設定を変えるだけで、新しいプラットフォームが現れます。

目に見えるプラットフォーム
見えないプラットフォーム 

その両方を創るのは、なかなか楽しいです。 

Posted by itohco at 17:09

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://210.189.83.200/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/216

コメント

伊藤さん、新しいデザインはいいですね!ワクワクする感じ....^-^
自分のPCにはどんなのがあるか見直してみます。
最近新しいプラットフォームができたので、
それがこれからどう広がるかも楽しみです。

投稿者 Leslie : 2006年02月16日 19:03

ブログのリニューアル、早速拝見しました。
なんか爽やかな風が吹いてくるのを感じました。飛びたいですね〜。
プラットフォームのお話、また楽しみにしています。

投稿者 Ruiko : 2006年02月17日 10:15

赤い複葉機、気に入ってもらえてうれしい
風も感じてもらえてうれしい

そのうち、飛行機の操縦免許とるからね、そしたら一番最初に2人を乗せてあげるからね。なにしろ、家族は誰も乗りたがらないから。

投稿者 itoh : 2006年02月17日 16:54

伊藤さん、光栄です!楽しみにしています.
また、Ruikoさんと一緒ということも嬉しいです!

投稿者 Leslie : 2006年02月17日 18:46

あの〜、光栄ですが、3人目は翼の支柱につかまるのでしょうか?

投稿者 Ruiko : 2006年02月19日 21:51

翼の向こう側ね。

投稿者 itoh : 2006年02月21日 19:44

コメントしてください




保存しますか?