« あけましておめでとうございます | メイン | 身体とコミュニケートする »

2006年01月16日

千鳥が淵を走る

週に6日は(220−年齢)×0.7〜0.8の
心拍数を上げることを仕事のようにしている。
そのためには、最初に10分程度のウォーキング、それから走り出す。
だいたい10分から15分は走る。
それから10分くらいのウォーキング。

これで合計30〜40分のエクササイズ。

プラス、ストレッチを毎日15分ぐらい。
それと、トランポリン。
トランポリンは、リンパの流れをよくするために。
それから、逆立ち。これは、内臓の位置を元に戻すために。
 
日曜日には、ついに、皇居一周に挑戦したのですが、
途中からの雨で、仕方なく断念しました。
近日走りたいと思います。

思い返せば、この10年ぐらい、走ったことなどありません。
走っているのか、早足なのかわかりませんが、
走って、私は自分の身体と脳にコミュニケートしている。
 
人間の頭の大部分と身体のほとんどは、
何万年も前と変わらない状態のままです。
確かに、人間を取り巻く環境は変わりましたが、
人間そのものは、ほとんど進化していません。

ストレス反応がいい例で、人間が荒野で狩をしている頃の反応です。
獣に襲われそうになったときに、交感神経が優位になり、
心拍数を上げ、ストレスホルモンを分泌し、
手に汗をかきます(ものを握りやすくするために)。

それから、血液をドロドロにします
(獣にかまれたときに、血が凝固しやすいように)。

それに、指先の毛細血管を収縮させて、
血液を脳や心臓、大きな筋肉に送り込みます。
そのために指先の温度は、6〜7度下がります。
 
問題は、獣に出会うことなどほとんどなくなった現代でも、
同じような反応を繰り返し、その副作用に悩まされているという点です。
締め切り、ちょっとした人間関係のもつれ、急いでいるときに靴ひもが切れる。

そのたびに、獣に襲われたときと同じ反応を繰り返していたら、
その疑似体験だけで、充分疲労困憊してしまうことになります。
 
人間の頭の大部分、そして身体のほとんどは、何万年も前のままなのです

だから、そこにコミュニケートしようとすれば、言葉は機能しません。
そこで、心拍数を上げるというコミュニケーション手段を\n思いついた人がいるわけです。
 
つづきは明日にします。

Posted by itohco at 16:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://210.189.83.200/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/206